Skip to content

不断水工事が求められる理由とは

現在の上水道や下水管の配管工事では不断水工事が主流です。かつては既設管内の水の流れを止めて作業が行われていました。水野な流れを止めるためには古いバルブを閉じる必要があります。古いバルブを動かすと赤錆が剥離して配管内の水が赤く濁るため、分岐管や新しいバルブを設置した後に清掃が必要です。

またバルブが工事現場の近くにない場合には広範囲な断水が発生します。そのため周辺住民への告知や給水車の手配などの付帯作業が必要です。不断水工事ならば清掃などの付帯作業を省略して、工事期間を短縮できます。既設管内の水の流れを止めずに作業を行う技術には分岐工法と凍結工法があります。

いずれも古いバルブの開閉が不要で、広範囲な断水も生じないため周辺住民対策を講じる必要もありません。分岐工法は完全な通水状態のまま作業を行うことができます。穿孔機のドリルで既設管に穴を開けて分岐管やバルブを設置します。穴を開ける際の金属片は水圧で押し出されるので、配管内は汚れません。

凍結工法は液体窒素で作業箇所の両端を凍結させます。部分的な断水は生じますが、全体的には通水状態を維持できます。凍結工法は凍結部分をバルブの代わりとして利用するため、バルブがない場所や遠く離れた場所などでも作業が可能です。またバルブ自体の交換も迅速に行うことができます。

不断水工事は従来の方法と比較して工事期間を短縮でき、人件費などのコストを削減できるというメリットが存在します。不断水により作業を行う技術は、現在の配管工事に不可欠なものとなっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *