Skip to content

マンション雨漏りが起こったらどう対応すればよいか

一戸建てでの雨漏りであれば、自分でバケツを床に置いたり、新聞紙やぞうきんを置くことで数日は耐えられるものです。自分が良いタイミングで業者に連絡し、修理をしてもらいます。修理料金は、劣化や痛みの度合い、雨漏りを起こしている原因となっている場所によって大きく異なってきます。雨漏りが起こったときのために、雨漏りが起きやすい場所や修理料金について事前に調べておくと良いでしょう。

では、一戸建てではなく、マンション雨漏りが起こったらどう対応すれば良いのでしょうか。マンション雨漏りの多くは、水漏れのことが多いため、まずは水漏れか雨漏りかを確認する必要があります。水漏れが起こり、部屋に損害が生じたときは保険が下りることもあるので確認するのが大切です。また、マンション雨漏りは、発生したときに誰が修理をするのか、修理代は誰が支払うのかでトラブルが起こることがあります。

様々な人が1つの建物に住んでいるので、トラブルになるのは避けられないかもしれません。しかし、この部分で雨漏りが起こったら誰が責任を負うのかなど責任の明確化をはかっておくと、トラブルが最小限にとどめられることがあります。それに加え、日々のメンテナンスを行うことや雨漏りが確認されたらすぐに連絡をすることも大切です。購入して住んでる人は管理会社へ。

借りて住んでいる人は賃主や管理会社へ連絡するのが一般的です。一戸建ての場合は、自分のタイミングで業者へ連絡しますが、マンション雨漏りの場合、連絡が遅れると下の階に住む人などにも被害が出ることも考えられます。ですので、迅速な対応をすることが大切でしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *