Skip to content

マンション雨漏りの原因は?

マンション雨漏りが起こると、本当にここにそのまま住んでいて大丈夫なのかという不安を感じてしまいます。一戸建ての場合には自分で対処することになりますが、マンションと一戸建てでは雨漏りの原因や対策が違ってきますので、マンション雨漏りの原因を知っておきましょう。マンション雨漏りの原因として考えられるのは、建物の防水工事が経年劣化によって効果がなくなっているケースです。ひび割れやタイルのずれ、パッキンの劣化によって雨水などが入り込み、そこから雨漏りになってしまっていることがあります。

築年数が経過したマンションに起こる可能性があります。そして、マンションという多くの人が一つの建物に住んでいるからこそ起こる原因として、他の人の不注意が原因になっていることがあります。トイレの水漏れやお風呂の水道を止め忘れていたというような些細なことであっても、階上の部屋で起こったことはそのまま階下に雨漏りとして伝わってしまう可能性があります。しかしマンションの構造上、真上の部屋で水漏れなどが起こっているわけではないこともあります。

配管などを伝って離れた部屋で起こった水漏れが原因で雨漏りしていることもあり、個人では原因を突き止めることは難しいといえますし、住民のトラブルが起こる原因になります。マンション雨漏りが起こった時には、まずは管理会社や管理人に連絡し、どこから雨漏りが起こっているのかの調査を行ってもらい、対応をしてもらった方が良いといえるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *