Skip to content

住宅瑕疵担保責任保険は雨漏り保険になる

住宅で雨漏りが見つかった場合、火災保険や雨漏り保険など利用して修繕を行いますが、そうした保険の内容によっては雨漏りから生じた損害をカバーできないものもあります。そんな時は、住宅瑕疵担保責任保険が適用できるか確認しましょう。住宅瑕疵担保責任保険とは、住宅を引き渡してから10年間のうちに住宅の構造耐力上主要な部分あるいは雨水の浸入を防ぐ部分に欠陥(瑕疵)が見つかった場合において、その欠陥を修繕する責任を引き渡した事業者に負わせるものであり、住宅瑕疵担保履行法という法律により定められた制度です。住宅を引き渡した事業者は、住宅瑕疵担保責任保険または供託を行う事で修繕工事に必要な資金の確保を義務付けられており、仮に事業者が責任を履行する資金の不足あるいは倒産などによって責任を履行できない場合であっても、確保された資金を事業者または消費者が受け取る事でスムーズな修繕工事を行う事ができます。

つまり、住宅瑕疵担保責任保険は雨漏り保険として十分活用できる保険と言えます。また、他の火災保険や雨漏り保険では、保険会社との見解の相違などにより満足な保険金が支払われないケースがあり、保険会社との争いやトラブルとなるケースもありますが、住宅瑕疵担保責任保険では引き渡した事業者との争いとなるため、弁護士会に設置されている住宅紛争審査会や住宅紛争処理支援センターなどでサポートを受ける事ができます。新築などを購入した場合は火災保険より先に住宅瑕疵担保責任保険を確認すると良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *