Skip to content

雨漏り保険で修理費用を減らせる条件

雨漏りが怒ってしまうと、修理が必要になるでしょう。しかし修理費は安くても2万円で高ければ300万円を超える場合もあります。しかし条件さえ満たしていれば雨漏り保険で修理費用を安くできます。雨漏り保険が適用される条件の一つが、災害による雨漏りの場合です。

強風や台風などの自然災害が原因で起こってしまった雨漏りに対しては保険が適用されます。保険の内容にもよりますが自然災害による雨漏りなら全額負担される場合が多いです。これらの自然災害の場合には3年以内に申請する必要があり、期間内に申請すれば必ずと言っても良いほど修理費が軽減されます。ですが中には保険の対象になっていない災害もあるので注意が必要です。

しかし逆に雨漏り保険が適用されない場合もあります。例えば経年老化による雨漏りの場合には保険が適用されず、全ての修理費を自分で出す必要があります。経年老化による雨漏りの中でも、外見から経年老化が疑われる屋根の場合は保険が適用されることがありません。一部自然災害を受けていれば保険が適用されることもあるでしょう。

しかし基本的には経年老化による雨漏りでの修理費には保険が適用されないと考えましょう。また経年老化を判断するのは修理業者や保険会社ではありません。第三者機関で専門的な知識を持った方が調査を行います。この機関で正式に経年老化ではないと判断されれば、経年老化による雨漏りだと思っていても修理費が軽減されます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *