Skip to content

雨漏り保険が適用される条件とは

急な雨漏りトラブルで困ってしまい、修理を依頼したいが費用が気になる、そんな場合には保険が適用されるかどうかを、確認すると良いでしょう。通常の火災保険でも、条件を満たせば雨漏り保険が適用され、修理費用を保証してもらえる可能性があるためです。雨漏り保険が適用される条件として、雨漏りが起きている原因が、強風などの災害によるものかどうか、ということが挙げられます。台風や強風といった災害によって、屋根の一部などが破損し、雨漏りが起きてしまったという場合、雨漏り保険が適用される可能性が高いといわれています。

屋根や建物が古く、経年劣化によって傷んでおり、その結果として雨漏りが生じた場合は、適用されません。しかし、素人目には判断しにくい部分もありますので、経年劣化かもしれないと感じても、一度きちんと確認した方が良いでしょう。また、強風の被害を受けてから、長い期間が経過してしまうと、その後に修理をしようとしても、保険が適用されないので、注意が必要です。強風被害による保証は、被害を受けてから3年以内に申請をしなければ受けられませんので、雨漏りに気がついたら、早めに対処をしましょう。

また、修理費用が20万円以下の場合も、保険適用の条件外になってしまうことが多いといわれています。いずれにせよ、雨漏りはそのまま放っておくと室内に被害が広がり、修繕費用がさらに大きくなる可能性がありますから、できるだけ早く修理をするほうが安心です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *