Skip to content

雨漏り修理を行う場所は屋根だけではありません

雨漏りがする場合に屋根に原因が有ると考える人は多いものですが、雨漏りの原因は屋根だけではありません。雨漏りがする原因は外壁のひび割れにある場合も有るため雨漏り修理を行う場合には屋根だけではなく外壁の状態も十分に確認して行うことが大切です。外壁からの雨漏りは2階建て以上の住宅にはありがちなものです。一階の天井にシミなどがみられる場合には外壁から雨水が入り込み、これが梁などを伝って天井に落ちることも少なくありません。

この場合の雨漏り修理をするためには外壁の補修を適切に行うとともに、内部の点検を確実に行い、梁などが傷んでいる場合には修理をしないと雨漏りが続いてしまうばかりでなく、家自体に影響を及ぼしてしまうことも有るので注意が必要です。通常業者に雨漏り修理を依頼する場合には、どの部分から雨漏りがしているかを聞かれることが多いものです。その際に雨漏りだから屋根だろうという推測で言ってしまうと、その部分だけを点検して終わってしまうものです。その為、原因が分からない場合にはわからないときちんと告げることが必要です。

雨漏り修理をする際には原因をしっかりと突き止めることが大切です。一般的に屋根は非常に頑丈にできていることが多いため、その部分からの雨漏りは比較的少ないものです。一般的にはこれよりも外壁の方が早く傷んでしまうことが多いため、外壁にひび割れが有る場合にはしっかりと補修をしておくことが、雨漏りを未然に防ぐことにも繋がります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *