Skip to content

雨漏りの修理費用が安く済む場合

台風や大雨の時に突然家の中に雨が入ってきたり、雨が上がった後に、天井や壁から水滴が落ちたり、いつのものか分からないしみが壁や天井についていたりしたときには、雨漏り修理をすぐに行うことになりますが、雨が上がってしまうと忘れてしまったり、修理費用が高額になることが嫌で放置してしまったりする人がいます。雨漏りは、放置すればするほど、家の劣化が進んでしまうため、後から直そうと思うと、かえって費用が高額になることが多いので、できるだけ早く治してしまうことがおすすめです。大雨や強風、台風の時に屋根が壊れてしまい、雨漏りがするようになった場合には、風の影響で受けた屋根の破損部分の修理費用を保険で賄うことができる可能性があります。もちろん、火災保険に加入している必要があり、その中の風災が含まれているプランを選択している場合に限るのですが、多くの場合、家の火災保険には風災がセットされていることが多いため、火災保険で修理費用を払うことができる可能性が高いのです。

古い屋根の場合、劣化による雨漏りを火災保険で直すことはできませんが、強風にあおられて破損した部分については保険が適用になるので、費用の一部が保険適用になる可能性が高くなります。申請しなければ、保険が適用になるかどうかもわからないので、強風などで屋根が破損した場合には、すぐに火災保険の担当者などに連絡を取って、相談することがおすすめです。雨漏りがあっても、なくても破損していれば適用になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *