Skip to content

雨漏りが発生した場合に必要となる修理費用

雨漏りが発生する理由は、当たり前ですか雨が降っているからです。長年の経験から、屋根は雨に強いようにできています。少しぐらいの雨では雨漏りが発生するわけはありません。ですが、建物も人間などと同じように年をとってくるとあちらこちらで劣化してきます。

屋根が劣化した時には雨漏りが発生し易くなるのです。いくら頑丈につくったとはいえ、相手は自然ですので勝てるわけがありません。雪や雨、数などの自然の力は強く、かなり丈夫に作ったとしても定期的にメンテナンスをしないと雨もりは発生してしまうでしょう。では、雨漏りが発生する原因はどのようなところが劣化したからでしょうか。

一番多いのは、屋根の破損部分から雨水が侵入した場合です。例えば屋根瓦が割れてしまったり漆喰が壊れてしまったりした場合です。また、屋根瓦のずれやスレートのずれなども雨もりの原因になると言って間違いないでしょう。この場合の修理費用は10万円から100万円ぐらいです。

100万円もすることはめったにありませんが、屋根全体が劣化している場合にはそれぐらいの修理費用がかかると思って間違いないでしょう。次に、コーキングが劣化した場合です。コーキングは、ゴムのように指で押したらへこむやらかさです。例えば、天井に窓がある場合などは、窓の周りにコーキングが塗られています。

このコーキングは時間の経過とともにひび割れが発生し、そこから雨水が侵入します。修理費用は5万円から20万円ぐらいです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *