Skip to content

雨漏りの修理費用の相場は?

雨漏りは住宅のトラブルの中でも厄介なもので、築年数に関係なく突如として発生します。床上浸水などの被害と比べると小さなもののように感じますが、放置しておくと建物の内部で木材の腐食が進み、甚大な被害に発展する可能性があるので早目の対処が必要です。できるだけ早急に修理する必要がありますが、そもそも雨漏りを修繕するためにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。早期に発見できれば雨水が通る道をふさぐだけで止まるので費用も少なくて済みます。

亀裂やひび割れで雨水が侵入している場合は、コーキング材で修繕を行うだけで良いので、修理費用は数万円~10万円程度で済むでしょう。この程度の軽い修理なら、自分で安価に済ませようとする人もいますが、この段階で適切な処置をしなければ被害が拡大して結局修理費用が高額になってしまうので、はじめからプロに任せるのがおすすめです。雨漏りが広範囲に広がり、屋根の修理が必要となる場合は、足場を組んだ大掛かりな修理となるので、費用も高額になります。屋根の修理で、下地や防水シートの修繕・防水塗装などで済む場合はおよそ20~50万円程度が目安となります。

しかし、屋根全体が傷んでいる場合は、傷んだ屋根材を全て取り払い一新することになるので、費用は100万円以上となり、状態によっては200~300万円かかることもあります。このように雨漏りの修理費用は状態によって違いますが、安いものではないため、修繕に積極的になれず更に雨漏りを悪化させてしまうことが多いようです。しかし、原因が台風などの自然災害によるものである場合は、火災保険で修理費用がまかなえる可能性があるので、まずは専門の調査会社に調査を依頼しましょう。名古屋の水道修理のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *