Skip to content

お風呂のリフォームをする時に抑えるポイント

お風呂のリフォームをする時に知っておくべきポイントがいくつかあります。お風呂は一日の汚れや疲れを癒す空間です。この空間を居心地良いものにするためには狭くてはいけません。なるべく広くのびのびとした空間にするように心がけましょう。

例えば日当たりの良い場所へ移動したり、庭やバルコニーなどに向かって開放的な作りにするとより癒しの空間になります。次にお手入れの事を考えた浴槽を選ぶようにすると良いです。浴室は水廻り設備の中で最も最も汚れやすい場所なので、手入れを怠ると湯垢やカビの発生の原因となります。これらを踏まえて汚れが付きにくい素材のものを選ぶ必要があります。

せっかくお風呂のリフォームをするのだから、癒しの空間やお手入れの事を考えるのも良いですし、家族みんなが楽しめるカラーバリエーションを選ぶ事もおさえておきたいポイントの一つです。明るい色の浴槽や変わった模様の壁、落ち着いたモダンな雰囲気を持った床など好みに合ったカラーやバリエーションを組み合わせる事が出来ます。家族みんなが使う癒しの空間だからこそ、みんなが楽しむ事ができる工夫が必要です。リフォームをする事でもう一つ重要な事は、安全面にも配慮した作りを意識する事です。

浴室は裸で利用する場所の為、浴室内での事故には気をつけなければなりません。手すりを付けたり、滑りづらい床材を選択したり、冬場の寒暖差を防ぐ為のヒーター設置をしたりして、安全にお風呂が使えるようにしましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *