Skip to content

トイレの水漏れ修理をしよう

トイレの水漏れの原因は、いくつか挙げられます。トイレタンクや排水管、便器本体になんらかの異常があると起きる可能性が高いため、水漏れしている場合にはどこに原因があるかチェックしておきましょう。基本的に、個人で対処できる範囲かどうかという点もポイントです。漏れている勢いがたいしたことがない場合には、自力で対処するというのも一つの方法です。

応急処置として排水管などの亀裂や接続部のナットのゆるみ、パッキンの摩耗などの場合には防水テープなどで対処するというのもいいでしょう。トイレタンクから漏れてきているという場合には、センサーとしての浮きなどパーツの異常などが考えられます。調整をするだけで、症状が収まる可能性もあるためチェックしてみることも大切です。便器本体の亀裂や破損による水漏れなども原因になることがあります。

この場合には、便器自体を交換することになりますが、その場合には、個人での対応は大変なので専門のトイレ修理業者に依頼して対処してもらうほうがいいでしょう。修理をするという場合には、きちんと原因を把握することが最も重要です。そして、被害を最小限に食い止めるための応急処置や状況によってはトイレの止水栓を閉める、水道の元栓を一時的に閉めるなどの対処も有効だといえます。冷静に対処することで、被害を食い止めることにもなり個人で対処できないと判断した際にはすみやかに専門の修理業者に依頼をしてみましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *